スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝く星

一昨日の夕方頃から熱発。
今日は微熱のまま仕事を終わらせた。

夜になってもまだぼーっとしている感じ。
どうやら、
まだ熱は下がらないようだ。

火照った身体を冷やそうと散歩に出てみた。

空にはたくさんの星。
自然のプラネタリウムが広がっていて、
ひんやりとした空気がすごく心地好かった。

ぼーっとしながら星空を眺めていたら、
幼い頃のことを思い出した。


父方の祖父が亡くなった日。
その日もこんな風にひんやりとした空気漂う日だった。

祖父は俺をよく可愛がってくれた人だったが、
幼い俺はまだ人が亡くなることを理解することができてなくて、
祖父が亡くなったことに対して悲しみなんて感じることはなかった。

火葬を終えた夜。
涙を堪えながら夜空を眺めていた父が、
俺に人が亡くなることを説いて聞かせてくれた。

人が亡くなることについてはまだ理解できなかったけれど、
祖父に二度と会えなくなってしまったことを知った俺は、
大きな声をあげて泣いた。

「じいちゃんはあの星になったんだよ」

父が夜空に光る星の一つを指差して、
俺にそう言った。

だけど俺は、

「違う」

「あの星はじいちゃんがいたときから光ってた」
「じいちゃんと一緒に見たことがある」

そう言って夜空に向かって、
大声で泣いた。


たしか、
四歳か五歳くらい記憶だったかな。
すごく鮮やかに再生された。

なぜそんなことを思い出したんだろう。
熱で侵された頭が、
忘れてしまっていた記憶を甦らせたのかも知れない。

俺も死んだらあの星の一つになれるのだろうか。

もしその一つになれるのなら、
俺は一番輝く星になりたい。

星空を眺める君が、
いつでも俺を見つけられるように。

無数の星の中からでも、
いつでも君が、
俺を探し出せるように。

スポンサーサイト

鳴く蛍

「鳴かぬ蛍が身を焦がす」

相手への想いは軽々しく言葉で表すのではなく、
熱い想いは心に秘めておく方がよい。

少し前までは俺もそう思っていた。

でも今は違う。
たぶん言葉にしなければ、
身を焦がすどころか、
その想いで焼け死んでしまうこともある。

だから俺は相手に伝える。

「大好きだよ」

人はいつ何があるかわからない。
明日にはこの命が尽きるかも知れない。

だから俺は君に伝える。

「大好きだよ」

いつこの世を去るときがきても、
それが君に残した俺の最期の言葉になる。

俺は鳴く蛍

伝えたい気持ちがあるから俺は鳴く。
何度繰り返しても、
その言葉に込めた想いは俺の全てだから。

俺は鳴く蛍

身を焦がしながらも、
それでも鳴く。

「大好きだよ」

と。

震える身体

この記事はブロとものみ閲覧できます

竜宮城

どれくらい前のことだったか。
営業で外回り中の俺は、
車を運転しながら路上にあるものを見つけた。

拳大くらいの石ころ。

道路のど真ん中に何でこんな石ころが?
不思議に思い路肩に車を停めると、

その石ころが動き出したではないか!

え?

何?

驚いた俺。

でも近づいてよく見ると、
石ころに見えたその物体は何と、
亀でした。

こんな大通りを横断してたら、
車に潰されちまうぞ。

俺はその亀を家に連れて帰った。

ちょうど飼っていた金魚がいなくなって、
水槽が空いていたから、
俺はその亀を飼うことにした。

「亀吉」と名付けて、
(もしかしたらメスだったのかもしれないが)
一年くらい飼っていただろうか。

拳大だった彼は二回りほど大きく育ち、
次第に水槽が窮屈になっていった。

調べてみると彼は「クサガメ」と言う在来種だとわかったので、
亀吉を近くの川辺に放してやることにした。
天気のよいとある日曜日に、
俺は亀吉を連れて近くの川辺に向かった。

川辺の草むら前にそっと放すと、
亀吉は別れを惜しむ様子もなく、
そそくさと草むらへ姿を消して行った。

あっけない別れだった。

俺はいつか亀吉が、
俺を竜宮城へ連れて行ってくれるのではないかと、
心待ちにしているのだが、

彼は一向に俺を迎えにはこない。

薄情な亀だ。

願掛け

この記事はブロとものみ閲覧できます
プロフィール

浦島小太郎

管理人:浦島小太郎
年齢:不詳
性別:雄
住所:未定
職業:不定
情緒不安定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スタンプ作りました
「黒猫のつぶやき」
http://line.me/S/sticker/1267570
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。