スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失恋

彼女からの思い詰めたようなメッセージ。
もしかしたら、
俺とのやり取りは彼女に負担になっていたのかな?

彼女とのやり取りは、
すごく楽しい時間だったけと、
それでも彼女に迷惑になっているなら、

止めないと。

自分自身にそう言い聞かせる俺。

「ごめん」
「織姫に迷惑をかけちゃいけないね」
「君とのやり取りは俺にとってすごく楽しくて」
「ほっと出来る時間だったよ」

「でも織姫に負担はかけられないから」
「もうラインは止めておくよ」
「今までありがとう」

彼女には付き合っている相手がいる。
その関係を俺とのやり取りくらいで壊してしまうわけにはいかない、

俺は彼女へメッセージを送って、
携帯を閉じた。

たぶん。

いや、
間違いなく、

俺は彼女を好きになり初めていた。

想いを伝えないまま、
伝えられないまま、
俺は失恋したのかも知れない。



そして、

この記事へと続くわけです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵付きコメントさん

後悔はしてないよ。

ただ素直に、
気持ちだけは伝えたかったね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵付きコメントさん

たぶん。

もう、
伝わっていたと思う。

プロフィール

浦島小太郎

管理人:浦島小太郎
年齢:不詳
性別:雄
住所:未定
職業:不定
情緒不安定

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スタンプ作りました
「黒猫のつぶやき」
http://line.me/S/sticker/1267570
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。